USBにつなぐだけ! 映画館の感動を完全再現するポータブルスピーカー誕生

Made in TOHOKU『OVO』

製品概要

OVO(オボ)はUSB直結方式のポータブルスピーカーです。充電やペアリングの必要が無く、USBでパソコンやスマートフォンと接続するだけですぐに音が出る使いやすさが特徴です。
フルデジタルロジックやピークパワーアシスト回路など数々の最新技術を導入し、音質と遅延時間を動画視聴用に最適化。映画やアニメ、スポーツ観戦などの動画コンテンツをストレス無く楽しむために設計された全く新しいスピーカーです。

製品仕様

本体寸法 24cm × 6cm × 3.5cm (手前側3.5cm)
本体重量 約400g
形式 / ユニット構成 Passive Radiator type / 4cm Multi-Coil Speaker Stereo type
定格インピーダンス 4Ω ± 0.8Ω at 1Vrms 600Hz
出力音圧レベル 77dB ± 2dB (W/m) 300,400,500,600 Hz平均
再生可能周波数 150Hz - 20kHz
対応サンプリングレート 44.1kHz, 48kHz, 88.2kHz, 96kHz, 192kHz
対応ビット幅 16bit, 24bit
入力端子 デジタル入力用microB端子, アナログ入力用microB端子
消費電力 0.5W(ローパワーモード)/ 2.5W(ノーマルモード)/ 5.0W(ハイパワーモード)
対応機種 Windows, Mac, iPhone, iPad, Android, Linux, PlayStation®4, Nintendo®Switch 他
保証期間 1年間

※ポート名の表記に変更がございます。使用方法に変更はございません。
「初期モデル」Audio/Power → 「現行モデル」Digital/Analog

付属品

  • USBケーブル1個
  • アナログケーブル1個
  • ガイドシール1枚
  • 保証書1枚
  • クイックマニュアル1冊

マニュアル

OVOのユーザーマニュアルは以下のリンクからご覧いただけます。

ovo_user_manual.pdf
公開日: 2019.4.9

本体の更新

現在のバージョン

現在の最新バージョンは 8 になります。

firmware.bin
公開日: 2019.6.21
MD5 hash: 7eea940811735c8d429e7fcb65b125ea

更新履歴はこちら

本体の更新方法

  • 1. 上記の「firmware.bin」のリンクをクリックして更新プログラムをダウンロードし、お使いのPCに保存して下さい。
    • ※ ダウンロードしたファイルを開く必要はありません。「このファイルを開く方法を選んで下さい。」のようなダイアログが表示された場合は、開かずにそのままダイアログを閉じて下さい。
    • ※ PC上に同名のファイルが存在する場合、ブラウザによっては「firmware(1).bin」のように自動で別名がつけられる場合がございますのでご注意下さい。ファイル名が「firmware.bin」以外に変更されますと正常に更新を行えません。
  • 2. 付属のUSBケーブルのA側をPCのUSB-Aポートに接続して下さい。
  • 3. VOLUMEレバースイッチを押しながらmicroB側をOVOのAudioポートに接続して下さい。
  • 4. PCに「CRP DISABLD」というドライブが認識されますので開いて下さい。
  • 5. CRP DISABLDドライブにあるfirmware.binという名前のファイルを削除して下さい。
  • 6. 先程ダウンロードしたfirmware.binをCRP DISABLDドライブにコピーして下さい。
  • 7. OVOからUSBケーブルを一旦取り外し、再度接続して下さい。
  • 8. 下記の「バージョンの確認方法」をお試し頂き、正しく更新されたか確認して下さい。
    • ※ 更新後にOVOがスピーカーとして認識されなくなった場合は、更新プログラムの書き込みに失敗した可能性がございます。お手数ですがもう一度最初から更新をやり直して下さい。

バージョンの確認方法

  • 1. OVOが起動した状態でVOLUMEレバースイッチとLEDレバースイッチを同時に押して下さい。
  • 2. 点灯している緑のLEDの数がバージョン番号になります。
  • 3. VOLUMEレバースイッチとLEDレバースイッチを同時に2回押すとバージョン表示が消えます。

よくある質問

Q
音が出ません(全般)
A

以下の点をご確認下さい。

  • OVOのボリュームが最小になっていないか
    VOLUMEレバースイッチを左右に倒すとボリュームが変化します。
  • 再生機側のボリュームが最小またはミュートになっていないか
  • 音楽再生アプリケーションのボリュームが最小またはミュートになっていないか
  • 再生機側のオーディオ出力がOVO以外(内部スピーカーやヘッドフォン)になっていないか
Q
音がだんだん小さくなり聞こえなくなります
A
LOW POWERモードの場合、「オーディオ設定」または「LED設定」の操作をしている間はUSBからの給電を止める仕組みになっているため、そのまま放置しておくと電力不足により発音が止まります。設定を終了すると発音を再開します。
Q
LEDが点灯しません
A

以下の点をご確認下さい。

  • LEDの明るさが最小になっていないか
    LEDレバースイッチを左右に倒すと明るさが変化します。PLAYER CONTROLが有効になっている場合は一旦無効にして下さい。
  • LOW POWERが有効になっていないか
    LOW POWERモードが有効になっている場合はLEDは点灯しません。
Q
iPhoneと接続するのには何が必要ですか?
A
Q
iPhoneと接続したとき音が出ません
A
iPhoneはアクセサリへ供給する電流に制限を設けているため、OVOをLOW POWERモードに入れないとアクセサリとして認識されません。
また再生に必要な電力の準備ができるまで最大で40秒かかる場合がございます。
Q
PLAYER CONTROLが機能しません
A
再生機器側がUSBからのPLAY/NEXT/PREVコマンドに対応していない場合は制御できません。
Q
VOLUMEレバースイッチを動かしても音量が変わりません
A
再生機器側がUSBからのボリューム制御コマンドに対応していない場合はボリューム制御ができません。LOCAL VOLUMEを有効にするとOVOの内部でボリュームを制御するようになります。
Q
アナログ接続のとき音が出ません
A
  • アナログ接続の場合は付属のアナログケーブルをPowerポートに、別途USB電源をAudioポートに供給する必要がございます。
    デジタル接続の場合と接続が反対になりますのでご注意下さい。
    またOVO本体のVOLUMEレバースイッチ及び再生機側のボリュームにて音量を調整して下さい。
  • Audioポートに供給される電源の出力が低いと音が出ない場合がございます。
Q
アナログ接続のときノイズが出ます
A
Audioポートに供給している電源を再生機から取得している場合は、別のACアダプタなどから取得するようにして下さい。
アナログ信号と電源の両方を同じ機器から取得しますとグラウンドループという電気的な現象でノイズが発生します。
Q
Macで音が出ません
A

Macと接続する場合は初回のみ手動で出力先を設定する必要がございます。Macのシステム設定→サウンド→出力でOVOを選択して下さい。

Q
Windows上のiTunesで音が出ません
A

iTunesの「編集→環境設定→再生→オーディオの再生方法」の項目を「Direct Sound」に設定して下さい。

Q
本体更新後に起動しなくなりました
A

ダウンロードした更新プログラムが「firmware(1).bin」などfirmware.bin以外の名称になっている場合は起動できなくなります。お手数ですがもう一度最初から更新作業をやり直して下さい。

Q
製品に同梱されているシールはどう使えばいいですか?
A

各LEDの機能を説明するガイドシールです。お好みに応じて貼り付けて下さい。貼り付け方法は下記動画をご覧下さい。中央にある小さいシールを活用いただくと指紋を付けずにガイドシールを貼り付ける事ができます。

ご購入はこちら

オンラインショップ

OVO本体は各ECサイトにてご購入いただけます。

JDSoundの直営店です。現在全色在庫がございます。
JDSoundの直営店です。現在全色在庫がございます。
アナログレコード・DJ機材・作曲機材専門店です。
インテリア雑貨の散歩道。フラネ楽天市場店です。
インテリア雑貨の散歩道。フラネYahoo!店です。

実店舗

店舗名 所在地 お問い合わせ
のだや 仙台店 〒981-3112
宮城県仙台市泉区八乙女1-3-10
022-725-5193
http://www.audio-nodaya.com/contact/index.html
ギンザレコード 〒100-8488
東京都千代田区有楽町2-5-1
阪急メンズ東京7F

03-6252-5443

American WAVE 〒024-0072
岩手県北上市北鬼柳32地割44
アメリカンワールド内

0197-63-5443

蔦屋書店
多賀城市立図書館
〒985-0873
宮城県多賀城市中央2丁目4番3号
022-368-8860

実店舗 (量販店)

ヨドバシカメラ 札幌店, 仙台店, Akiba店, 新宿東口店, 町田店, 横浜店, 川崎ルフロン店, 吉祥寺店, 梅田店, 博多店
ビックカメラ 有楽町店, 池袋パソコン館店, AKIBA店, 新宿西口店, なんば店

この他にもお取り扱いいただける店舗を随時募集中です。
ご興味をお持ちの担当者様は、ぜひ下記お問い合わせ先までご連絡下さい。

各種ご案内

お知らせメール登録

法人のお客様へ

大口のご購入、デモのための一時的な貸し出しなど、ご相談に応じます。
詳細をご希望の方は専用フォームよりご連絡下さい。

その他のお問い合わせ先

株式会社JDSound
〒980-0802
宮城県仙台市青葉区二日町14-15 アミ・グランデ二日町6F
support@jdsound.co.jp

更新履歴

バージョン 8 (2019.6.21)

  • L/R別EQ機能を追加
  • ハイレゾモードにおいて、ノーマルモードと同じボリューム制御方式に対応
  • Web設定画面において、イコライザのQ(カーブ)の調整機能を正式サポート
  • LEDパターン「CLUB」にもユーザー指定カラーが適用されるよう修正
  • コラボモデル専用処理の追加

バージョン 7.2 (2019.4.17)

  • 「OVOを設定する」ページでローカルボリュームを一定値以上に設定することができなかった問題を修正
  • OVO本体のローカルボリュームLEDの表示を調整

バージョン 7.1 (2019.4.12)

  • LED Live機能の安定性を向上
  • 「OVOを設定する」ページからローカルボリュームスライダーを操作可能に

バージョン 7 (2019.4.4)

  • LED Live機能を追加
  • MIDI通信の安定性を向上
  • デバイス設定を変更した際に生じるポップノイズを低減

バージョン 6 (2019.2.18)

  • 192kHz 24bit再生に対応
    (本体ボタンからHIGH RESOLUTIONモードをONにすることで使用可能。このモードではイコライザとの併用はできません)
  • 88.2kHz再生に対応(HIGH RESOLUTIONモードのON/OFFにかかわらず使用可能)
  • 特定の条件下でのフリーズ問題を修正
  • ファームウェア更新時に過去の設定を引き継ぐようにした

バージョン 5 (2018.12.28)

  • 96kHz 24bit再生に対応
  • 「ブラウザからOVOを設定する」ページに対応
  • イコライザを追加(「OVOを設定する」ページから使用可能)
  • 設定メニューの自動セーブ機能を追加
  • 左チャンネル MONOモード, 右チャンネル MONOモードを追加

バージョン 4

  • アナログ入力の動作安定性向上
  • オートゲインのバランス補正機能を無効化

バージョン 3

  • オートゲインの追従速度を調整
  • NATURALモードの表示パターンを変更
  • 48kHzの再生に対応
  • PCがスリープに入らない問題を修正
  • HIGH BOOSTのパラメータを変更
  • LOW POWERモードでの消費電力を削減
  • ローカルボリュームにソフトウェアアンプを導入
  • ニンテンドースイッチのメニュー画面で音が途切れる問題を修正
  • ボリュームカーブを変更

バージョン 2

  • LEDの更新頻度調整
  • ローカルボリュームがLOW POWERモードで表示されない問題を修正